2日目「お大師様カットでお願いします」

写真 2 (4)

写真 42日目
歩数 29328歩
距離 21km

朝食を6時にとるが、このブログの1日目の原稿を書かなければいけなくて、出発を7時にずらしたが意外に手間取り、実際のスタートは8時くらいになった。高知屋のおばさんにお遍路ードプロジェクトで「楽しいお遍路」を実践しながら歩いて今朝が2日目と話し、高知新聞の朝刊で旅の様子を毎日記事にしていると話すと、「がんばってくださいね」とやさしい言葉をかけていただいた。私もお礼に「ここのお遍路さん用の無料洗濯サービスは、どこの一流ホテルでもやっていませんよ」とほめちぎると嬉しそうだった。高知屋さんもがんばってくださいね。

33番札所の雪渓寺は、まだ8時過ぎだというのにバスでやってきた団体のお遍路さんで境内はいっぱいだった。真言も般若心経も手早く済ませて納経帳に判と墨書をいただき34番種間寺に向かう。種間寺までの遍路道には野の花があふれていて、花好きを飽きさせない。野仏の素朴な表情や芍薬園の大ぶりな芍薬の花畑などをのんびり眺めながら歩くうちに種間寺到着。
種間寺の山門前には珍しいことだが床屋さんがある。ご主人に聞くと88ヶ寺で床屋さんが備わっているのはここだけだろうという。黒ちゃんは半月前に散髪を済ませていたのだが、ここはぜひ体験したくなって、本堂にお参りする前に飛び込んだ。床屋さんは小野理容店といって、高知市内の愛宕4丁目で開業していたが、年もとったので実家のある春野に帰ってきてここで開業したのだという。
「どんな風にしますか」と聞かれたので「お大師さまカットでお願いします」と言うと「よっしゃー」という感じで見事に整えてくれました。どこがお大師様風なのか聞き逃しましたが。(笑い)
34番種間寺もバス遍路さんで境内は満杯昨晩あたりからだった。ここ2日間だけだがお遍路ブームは確かにきているなと感じる。私の直前に小野理容店で散髪したのはイギリスから来た外人さんだったというし。

ご本尊薬師如来さまに真言を捧げて種間寺をあとに次の目的地「金春」に向かう。失礼、「金春」はお寺ではなくうなぎ屋さんです。我が家はここの「うな重」の大ファンなので、すぐそばまで来たのに素通りはできない。高知新聞の竹内記者を説得して1時間の遠回りルートで金春に到着。昼どきで混んでいたが諦めず15分待ちの列に並んだ。
人気の茶碗蒸し付きうな重でパワーをつけ、体を休めて本日の宿泊先のホテルがある土佐市に向けて歩き始めるが、炎天下の遠回りうなぎ街道ルートは過酷だった。うな重で充填したパワーもあっという間に消費してしまい、仁淀川をバタバタで渡り、やっとのことでホテル到着。
しかし、雪渓寺→種間寺➕散髪➕うな重→土佐市の本日の新ルート設定は「お遍路さんにもお勧めしたいね」で、竹内記者と意見がぴったり合いました。
改良点があるとすれば、宿泊を土佐市のホテルではなく手前の「春野の湯’」あたりに設定しておけばベストでした。参考にしてください。